アポカリプス・ハイ タケシ・トラバート

2012年06月28日

こんな、いつ日本が転覆してもおかしくないタイミングに…「映画紹介」:ラム・ダイアリー

ラム・ダイアリー


先程(といっても6月1日のこと)、映画『ラム・ダイアリー』の試写を終え、帰路に。

VIP特別待遇で観れたこともあり、どっぷりディープに…、
泣きが不覚にも…
ハンターが売れない時代の、
まだ彼がゴンゾー取材を確立できてなかった頃の、
切なく、
それでもって分かる人間にしか絶対わからないようなニヒルなジョークが、さらりと織り込まれ、

『ラスベガスをやっつけろ!』以来14年ぶりにハンターを演じたジョニー・デップの、
その抑えに抑えた演技、エトセトラ……

淡々と、不気味に地味で、まるで古いドイツ映画のような作品でもある。


幕が閉じたあと、大きな拍手とスタンディング・オベーションしたのは、ふたりのジェントルマン。

筆者の世代を超えた旧友でソウルメイトのひとり…(ハンター・S・トンプソンにとっては最初の日本の友人、ビート仲間でもある)ムロケン、こと、室矢憲治氏と、もうひとりは、もちろん隣りに座ってたオレ。


「これ、究極のラブレターだね」と、上映後に配給元からコメント求められたトラバート氏は即答。

もちろん、デップが製作費まで出し渾身の演技と、惜しみない愛情が(派手なフッテージ版ではひっそり隠されていたハンターへの、クソ真面目な敬愛の念が)、ひりひり痛いほど、伝わって来たから。

(それにしてもヒロイン役のアンバー・ハードからは、最後の最後まで目が離せなかった……)

書いても書いても買い叩かれてた、しがないジャーナリストを描いているだけあって、色んなフラッシュバックに襲われ、不覚にもまた涙…

ヤーマン

6月30日㈯から全国ロードショー。
映画『ラム・ダイアリー』公式サイト➔http://rum-diary.jp/

posted by タケシ・トラバート at 21:37| ブログ記事